2016年06月27日

リーガ・アギラ1 2016 インデペンディエンテ・メデリン

コロンビア Liga Aguila1 2016

決勝

第1戦

アトレティコ・ジュニオール1−1インデペンディエンテ・メデリン



試合は前半16分にホルへ・アギーレのゴールでホームのアトレティコ・ジュニオールが先制するが、26分にインデペンディエンテ・メデリンはファン・ダヴィド・カベサスのゴールで同点に追いつき、1−1で引き分けに終わった。

第2戦

インデペンディエンテ・メデリン2−0アトレティコ・ジュニオール



前半35分に左サイドのクロスからクリスティアン・マルーゴが決めてインデペンディエンテ・メデリンが先制。後半ロスタイムにはGKも攻撃参加したアトレティコ・ジュニオールに対し、インデペンディエンテ・メデリンがカウンターからクリスティアン・マルーゴが2点目を決めてダメ押し。

勝ったインデペンディエンテ・メデリンがトータル3−1で、7年ぶり6回目の優勝に輝いた。

監督はレオネル・アルヴァレス

選手はダヴィド・ゴンサレス、エルナン・ペルトゥス、アンドレス・モスケラ、ファン・カミーロ・サイス、ファン・ダヴィド・カベサス、マルロン・ピエドライタ、ルイス・ティプトン、ジョン・エディソン・エルナンデス、ルイス・カルロス・アリアス、クリスティアン・マルーゴ、レオナルド・カストロ、エルナン・エチャラル、マウリシオ・モリーナ、ウィリアム・パラ、ファン・フェルナンド・カイセドなど


posted by アッキー at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | コロンビア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月25日

ウルグアイ 15−16 ペニャロール

ウルグアイリーグ 15−16シーズン

Apertura優勝のペニャロールとClausura優勝のプラサ・コロニアが準決勝として対戦。年間順位1位のペニャロールが勝てば年間優勝決定。

チャンピオンシップ準決勝

ペニャロール3−1プラサ・コロニア



試合は後半24分、アレハンドロ・フリアのゴールでプラサ・コロニアが先制。しかしペニャロールは後半34分に左サイドのクロスからディエゴ・ロッシが合わせて同点に追いつく。

試合は1−1のまま延長戦へ。延長後半4分、ディエゴ・フォルラン(元C大阪)のCKからマキシミリアーノ・オリヴェイラがヘッドで決めてペニャロールが逆転すると、延長後半7分にはカウンターからマウリシオ・アフォンソがダメ押しのゴールを決めて3−1。

勝利した年間順位1位のペニャロールが3年ぶりの年間優勝を果たした。

監督はホルへ・ダ・シルヴァ

選手はガストン・グルチェアガ、マティアス・アギレガライ、カルロス・ヴァルデス、ギジェルモ・ロドリゲス、マキシミリアーノ・オリヴェイラ、ナイタン・ナンデス、マウリシオ・アフォンソ、マルセル・ノヴィック、トーマス・コスタ、フェデリコ・ヴァルヴェルデ、ディエゴ・フォルラン(元C大阪)、ミゲル・ムリージョ、ディエゴ・イフラン、ディエゴ・ロッシなど
posted by アッキー at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ウルグアイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月05日

2016 Clausura パチューカ

メキシコリーグ 2016 Clausura

決勝

第1戦

パチューカ1−0モンテレイ



後半15分、左サイドからのクロスをフランコ・ハラが頭で合わせてパチューカが先制。このゴールを守りきり、1−0でパチューカが先勝。

第2戦

モンテレイ1−1パチューカ



試合は前半39分にドルラン・パボンのシュートでモンテレイが先制。そのまま試合が動かなかったが、延長戦に入ろうかという後半ロスタイムにパチューカのヴィクトル・グスマンが優勝を決めるゴールを決め同点。

2試合トータル2−1で勝ったパチューカが9年ぶり6度目の優勝を果たした。

監督はディエゴ・アロンソ

選手はオスカル・ペレス、ステファン・メディナ、オマール・ゴンサレス、オスカル・ムリージョ、エマヌエル・ガルシア、ホルへ・エルナンデス、エリック・グティエレス、ジョナタン・ウレタヴィスカヤ、ロドルフォ・ピサーロ、イルヴィン・ロサーノ、フランコ・ハラ、アキヴァルド・モスケラ、ヴィクトル・グスマン、アリエル・ナウエルパン、ホセ・マルティネスなど
posted by アッキー at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | メキシコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016 Clausura スチテぺケス

グアテマラリーグ 2016 Clausura

決勝

第1戦

コムニカシオネス2−1スチテぺケス



試合は前半6分にオマル・サラサールのゴールでスチテぺケスが先制するが、10分に右サイドからのクロスをエミリアーノ・ロペスが決めてコムニカシオネスが同点。

後半42分にはファン・バレーラのヘッドでコムニカシオネスが逆転し、2−1で勝利した。

第2戦

スチテぺケス3−0コムニカシオネス



後半6分、左サイドからの折り返しをフランシスコ・ラドガナが決めてホームのスチテぺケスが先制。トータル2−2に追いつくと、後半8分にはエンリケ・ミランダのゴールで2−0と勝ち越し、トータル3−2と逆転。

さらに後半ロスタイムにはオマル・サラサールがゴールを決め3−0。

勝ったスチテぺケスが2試合トータル4−2で、33年ぶり2度目の優勝に輝いた。

監督はドウグラス・サモーラ

選手はダヴィド・モンサルヴェ、ラファエル・ゴンサレス、ファン・カルドナ、エルウィン・モラレス、エメルソン・カブレラ、ウィルソン・モラレス、ケヴィン・ルイス、フレディー・ロペス、エンリケ・ミランダ、フランシスコ・ラドガナ、オマル・サラサール、ヴィクトル・アルマス、ヘルマン・エスキヴェル、ディエゴ・オロスコなど
posted by アッキー at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | グアテマラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Clausura 15−16 オリンピア

ホンジュラスリーグ Clausura 15−16

決勝

第1戦

レアル・ソシエダ1−2オリンピア



試合は前半35分にオリンピアがアレクサンデル・ロペスの見事なミドルシュートで先制すると、後半22分には左サイドからのクロスをカルロ・コストリーがヘッドで決めて0−2。

レアル・ソシエダも後半41分にジェリー・パラシオスのPKで1点を返すが、1−2でオリンピアが勝利した。

第2戦

オリンピア3−1レアル・ソシエダ



後半8分にレアル・ソシエダがマルコ・ヴェガのゴールで先制し、トータル2−2に追いつくが、後半25分にオリンピアがオスカル・サラスのゴールで同点に追いつく。

するとオリンピアは後半29分にオウンゴールで逆転し、さらに後半ロスタイムにカルロ・コストリーがダメ押しのゴールを決めて3−1。

2連勝のオリンピアがトータル5−2で30回目の優勝に輝いた。

監督はエクトル・ヴァルガス

選手はドニス・エスコべル、ケヴィン・アルヴァレス、ファビオ・ジ・ソウザ、エヴェル・アルヴァラード、ホセ・フォンセカ、ダヴィド・メサ、アレクサンデル・ロペス、オリヴェル・モラサン、オスカル・サラス、カルロ・コストリー、ロメル・キオト、ジョニー・パラシオス、アルベルト・エリス、マイロン・フローレス、カルロス・メヒーア、ヘルマン・メヒーア、ミチャエル・チリノスなど
posted by アッキー at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ホンジュラス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。