2019年03月16日

ウルグアイ 2018 ペニャロール

ウルグアイリーグ 2018シーズン

Apertura優勝のナシオナル・モンテビデオとClausura優勝のペニャロールが準決勝として対戦。年間順位1位のペニャロールが勝てば年間優勝決定。

チャンピオンシップ準決勝

ペニャロール2−1ナシオナル・モンテビデオ



試合は後半2分にナシオナルがマティス・スニノのゴールで先制。対するペニャロールは後半26分にファブリシオ・フォルミリアーノがこぼれ球を押し込んで同点。

試合は1−1のまま終了し延長戦へ。延長前半5分にペニャロールはPKを獲得。これをクリスティアン・ロドリゲスが決めて2−1。このゴールで勝利したペニャロールが2連覇を果たした。

監督はディエゴ・ロペス

選手はケヴィン・ダウソン、ルーカス・エルナンデス、カルロス・ロドリゲス、ファブリシオ・フォルミリアーノ、エセキエル・ブスケッツ、ジオヴァンニ・ゴンサレス、クリスティアン・ロドリゲス、ワルテル・ガルガノ、アグスティン・カノッビオ、ルーカス・ヴィアトリ、ガブリエル・フェルナンデス、ファビアン・エストジャノフ、マキシ・ロドリゲス、ダルウィン・ヌニェスなど


posted by アッキー at 23:28| Comment(0) | ウルグアイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リベルタドーレス 2018 リーベル・プレート

コパ・リベルタドーレス 2018年

決勝

第1戦

ボカ・ジュニアーズ2−2リーベル・プレート



前半34分、ホームのボカがラモン・アビラのゴールで先制するが、直後にリーベルはルーカス・プラットがすぐさま得点し1−1。前半ロスタイムにボカがFKからダリオ・ベネデットのヘッドで2−1と勝ち越す。しかしリーベルは後半16分にFKからオウンゴールで追いつき、第1戦は2−2の引き分けに終わった。

第2戦

リーベル・プレート3−1ボカ・ジュニアーズ



サポーターの暴動などによりスペイン・マドリードでの開催となった第2戦。前半44分にカウンターから抜け出したダリオ・ベネデットのゴールでボカが先制。しかしリーベルは後半23分に右サイドからの折り返しをルーカス・プラットが決めて同点に追いつく。

試合は1−1のまま延長戦へ。延長後半4分、リーベルがファン・フェルナンド・キンテロのゴールで勝ち越すと、アディショナルタイムにはがら空きのゴールへゴンサロ・マルティネスが決めて3−1。

2試合トータル5−3でリーベル・プレートが3年ぶり4度目の優勝を果たした。

監督はマティアス・ビスカイ

選手はフランコ・アルマーニ、ジョナタン・マイダナ、ルーカス・マルティネス、ハヴィエル・ピノラ、ゴンサロ・モンティエル、ミルトン・カスコ、エセキエル・パラシオス、エンソ・ペレス、ゴンサロ・マルティネス、ラファエル・サントス・ボレー、ルーカス・プラット、ブルーノ・スクリーニ、ファン・フェルナンド・キンテロ、イグナシオ・フェルナンデス、フリアン・アルヴァレス、カミーロ・マジャダ、レオナルド・ポンシオなど
posted by アッキー at 22:46| Comment(0) | リベルタドーレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コパ・スダメリカーナ 2018 アトレチコ・パラナエンセ

コパ・スダメリカーナ 2018年シーズン

決勝

第1戦

アトレティコ・ジュニオール1−1アトレチコ・パラナエンセ



試合は後半5分にパブロのゴールでアウェーのアトレチコ・パラナエンセが先制するが、ホームのアトレティコ・ジュニオールも2分後にジョニー・ゴンサレスが同点ゴールを決めて第1戦は1−1の引き分けに終わった。

第2戦

アトレチコ・パラナエンセ1−1アトレティコ・ジュニオール
          PK4−3



第2戦は前半26分にパブロのゴールでアトレチコ・パラナエンセが先制するが、後半12分にジュニオールがCKからテオフィロ・グティエレスのヘッドで追いつく。その後ジュニオールはPKのチャンスを決めることができず、決着はPK戦へ。

ここで4−3と勝利したアトレチコ・パラナエンセが初優勝に輝いた。

監督はチアゴ・ヌーネス

選手はサントス、ジョナタン、チアゴ・エレーノ、レオ・ペレイラ、ヘナン・ロジ、ルーチョ・ゴンサレス、ブルーノ・ギマラエス、マルセロ・シリーノ、ハファエウ・ヴェイガ、ニコン、パブロ、ベルグソン、マルシーニョ、ウェリントン、ホニ(元新潟)など
posted by アッキー at 21:31| Comment(0) | スダメリカーナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。