2020年05月06日

ブラジル 2019 フラメンゴ

ブラジル全国選手権 2019年

第34節

フラメンゴ4−4バスコ・ダ・ガマ



試合は前半1分にエヴェルトン・リベイロのゴールでフラメンゴが先制するが、33分にマホーニ、37分にイアゴ・ピカシュウが決めてバスコが逆転。対するフラメンゴも前半アディショナルタイムに右サイドからのクロスがオウンゴールを誘い2−2の同点に追いつく。

後半は6分にマルコス・ジュニオールゴールでバスコが勝ち越すが、フラメンゴが後半20分にブルーノ・エンリッキ、後半34分にもブルーノ・エンリッキがゴールを決めて4−3。

このまま試合が終わりフラメンゴの優勝が決まるかに思われたが、後半アディショナルタイムにバスコはリバマールがヘッドで押し込んで4−4の同点になり試合終了。フラメンゴの優勝は決まらなかったが、後日2位パルメイラスがグレミオに敗れたため優勝決定。

10年ぶり6度目の優勝を果たした。

シーズンゴール集

https://www.youtube.com/watch?v=qXrMRvUbkXw

監督はジョルジ・ジェズス

選手はジエゴ・アルヴェス、ラフィーニャ、ロドリゴ・カイオ、パブロ・マリ、フェリピ・ルイス、ウィリアン・アラン、ジェルソン、ジョルジアン・デ・アラスカエタ、エヴェルトン・リベイロ、ガブリエウ・バルボーザ、ブルーノ・エンリッキ、ジエゴ、ヴィチーニョ、ロベルト・ピリス・ダ・モッタ、ヘイニエルなど
posted by アッキー at 01:27| Comment(0) | ブラジル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウルグアイ 2019 ナシオナル・モンテビデオ

ウルグアイリーグ 2019シーズン

Apertura優勝のペニャロールとClausura優勝のナシオナル・モンテビデオが準決勝として対戦。年間順位1位のナシオナル・モンテビデオが勝てば年間優勝決定。

チャンピオンシップ準決勝

ナシオナル・モンテビデオ1−0ペニャロール



試合は両チームともチャンスを作るも得点が入らなかったが、後半36分に左サイドのクロスをマティアス・スニノが決めてナシオナルが先制。これが決勝点となり、ナシオナル・モンテビデオが3年ぶりの優勝に輝いた。

監督はアルヴァロ・グティエレス

選手はルイス・メヒーア、アルマンド・メンデス、グスマン・コルホ、マティアス・ラボルダ、マティアス・ヴィニャ、マティアス・カルダシオ、フェリペ・カルバージョ、サンティアゴ・ロドリゲス、マティアス・スニノ、ゴンサロ・カストロ、ゴンサロ・ベルヘッシオ、ガブリエル・ネヴェス、セバスティアン・フェルナンデス、ティアゴ・ヴェシーノなど
posted by アッキー at 00:55| Comment(0) | ウルグアイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月05日

ベネズエラ 2019 カラカスFC

ベネズエラ 2019年シーズン

※前期優勝のエストゥディアンテス・デ・メリダと後期優勝のカラカスFCが対戦。

チャンピオンシップ

第1戦

エストゥディアンテス・デ・メリダ1−1カラカスFC



試合は後半6分にカルロス・エスピノーサのゴールでカラカスFCが先制するが、後半21分にエストゥディアンテス・デ・メリダはエドソン・リヴァスがヘディングシュートを決め同点。第1戦は1−1の引き分けに終わった。

第2戦

カラカスFC1−1エストゥディアンテス・デ・メリダ
    PK4−3



前半43分にアウェーのエストゥディアンテス・デ・メリダがヘスス・メサのゴールで先制。対するカラカスFCは中々追いつくことが出来ませんでしたが、後半41分にヘスス・アリエタがゴール前にこぼれて来たボールを冷静に流し込んで同点。

試合はトータル2−2で終了し、PK戦へ。ここで4−3で勝ったカラカスFCが9年ぶり12度目の優勝に輝きました。

監督はノエル・サンヴィセンテ

選手はアライン・バロハ、ルイス・カシアーニ、ロスメル・ヴィジャヌエヴァ、ルベルト・キハーダ、ファン・ムリエル、ダニエル・サッジョーモ、リカルド・アンドレウッティ、アンデルソン・コントレラス、レオナルド・フローレス、リチャード・セリス、カルロス・エスピノーサ、ディエゴ・カスティ―ジョ、アルキメデス・エルナンデス、エドガル・シルヴァ、エドゥアルド・フェレイラ、ロベルト・エルナンデス、ヘスス・アリエタ、ホルヘ・エチェヴェリアなど
posted by アッキー at 00:55| Comment(0) | ベネズエラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月04日

Apertura 19−20 レアル・エステリ

ニカラグアリーグ Apertura 19−20

決勝

第1戦

マナグアFC1−0レアル・エステリ



試合は前半32分のスペイン人FWパブロ・ガジェゴのゴールで勝ったマナグアFCが先勝した。

第2戦

レアル・エステリ2−0マナグアFC



試合は前半32分にCKからメキシコ人DFハイメ・アヤラのヘッドでレアル・エステリが先制。トータル1−1に追いつくが、そのまま試合は動かず延長戦へ突入。

延長前半7分にレアル・エステリがリカルド・リヴァスのGKの意表を突いたゴールが決まり勝ち越し。

そのまま試合に勝利したレアル・エステリがトータル2−1で2連覇を達成。17度目の優勝を果たした。

監督はオルヴェル・フローレス

選手はヘンリー・マラディアガ、ハイメ・アヤラ、ジェイソン・カスコ、マヌエル・ロサス、クリスティアン・グティエレス、ホルヘ・ベタンクール、マルロン・ロペス、ヘスス・レアル、ルシオ・バロッカ、ブランドン・アイェルディス、エドガル・J・カスティージョ、ファン・バレーラ、リカルド・リヴァス、オスカル・アセヴェド、フランシスコ・パス、ハロルド7・メディーナなど
posted by アッキー at 00:27| Comment(0) | ニカラグア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月03日

Clausura 18−19 レアル・エステリ

ニカラグアリーグ Clausura 18−19

決勝

第1戦

マナグアFC3−3レアル・エステリ



試合は前半39分に右サイドからのクロスをリカルド・リヴァスがニアサイドで合わせてレアル・エステリが先制。対するマナグアFCも42分にルーカス・ドス・サントスのPKで追いつくが、レアル・エステリは前半45分にCKからクリスティアン・グティエレスのヘッドで勝ち越して前半終了。

後半はマナグアFCが巻き返し、後半21分に右サイドのクロスからルーカス・ドス・サントスのヘッドで2−2に追いつくと、後半29分にはCKから最後はケヴィン・セラピオが押し込んで3−2と逆転。このまま試合が終わるかに思われたが、レアル・エステリは後半45にヴィニシウス・デ・ソウザのミドルシュートが決まって3−3に追いつき試合終了。第1戦は引き分けに終わった。

第2戦

レアル・エステリ0−0マナグアFC



試合は激しい攻防があったものの0−0で試合終了。トータル3−3ながらアウェーで3ゴールを奪ったレアル・エステリが1年半ぶり16度目の優勝を果たした。

監督はセルヒオ・ロドリゲス

選手はエスドラス・ゴンサレス、ジェイソン・カスコ、マヌエル・ロサス、クリスティアン・グティエレス、ホスエ・キハーノ、ホルヘ・ベタンクール、リチャード・ロドリゲス、ヘンリー・ガルシア、マルロン・ロペス、リカルド・リヴァス、ルイス・ガレアーノ、ルイス・ロペス、フランシスコ・パス、ヴィニシウス・デ・ソウザ、オスカル・ロペス、オスカル・アセヴェドなど
posted by アッキー at 23:56| Comment(0) | ニカラグア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする