2018年08月17日

Clausura 17−18 ディリアンヘン

ニカラグアリーグ Clausura 17−18

※チャンピオンシップなしで、短期リーグのみの開催。

決勝

第1戦

ディリアンヘン2−1レアル・エステリ



試合は前半26分にグレゴリオ・トーレスのゴールでレアル・エステリが先制するが、前半31分にディリアンヘンはカルロス・トーレスのPKで同点に追いつく。その後ディリアンヘンは退場者を出し数的不利になるが、後半37分にFKから再びカルロス・トーレスが決めて逆転。2−1でディリアンヘンが勝利した。

第2戦

レアル・エステリ1−1ディリアンヘン



試合は後半17分にホームのレアル・エステリがFKからパブロ・ガジェゴのヘッドで先制。トータル2−2もアウェーゴールで優勢に立つ。試合がこのまま終わりレアル・エステリの優勝かと思われた後半アディショナルタイム5分にディリアンヘンはルイス・コロネルが起死回生の同点ゴールを決めてトータル2−3と逆転。

ディリアンヘンが12年ぶりの優勝に輝いた。

監督はマウリシオ・クルス

選手はブランド・マヨルガ、ホセ・ロアイシガ、メルヴィン・エルナンデス、ヘンリー・ニーニョ、マリオ・ダヴィラ、エリック・アルカサル、ペドロ・ドス・サントス、ルイス・コロネル、カルロス・トーレス、アブネル・アクーニャ、アンドレス・メンドーサ、アンドレス・ヴェガ、ジェイソン・エスキヴェル、ホスエ・メネセスなど
posted by アッキー at 12:03| Comment(0) | ニカラグア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: