2018年05月26日

2018 Clausura サントス・ラグーナ

メキシコリーグ 2018 Clausura

決勝

第1戦

サントス・ラグーナ2−1トルーカ



試合は後半8分にルイス・キニョネスのゴールでアウェーのトルーカが先制するが、ホームのサントス・ラグーナは後半26分にロングボールに抜け出したジャニーニ・タヴァレスがGKとDFをかわし同点ゴールを決めると、後半44分に左サイドからのクロスをフリオ・フルチが上手く合わせて逆転。

2−1でサントス・ラグーナが先勝しました。

第2戦

トルーカ1−1サントス・ラグーナ



試合は前半10分にフリオ・フルチのゴールでサントス・ラグーナが先制。トルーカも後半37分にガブリエル・アウチェのゴールで同点とするが、トータルでは2−3と及ばず。

サントス・ラグーナが3年ぶり6度目の優勝に輝いた。

監督はロベルト・シボルディ

選手はジョナタン・オロスコ、ホセ・アベリャ、ヘラルド・アルコバ、カルロス・イスキエルドス、ヘスス・アングーロ、オスヴァルド・マルティネス、ブリアン・ロサーノ、ホセ・ヴァスケス、フリオ・フルチ、ホナタン・ロドリゲス、ジャニーニ・タヴァレス、ヘスス・イシハラ、エドウィン・セトレ、ハヴィエル・コルテス、ホルへ・ヴィリャファニャ、ディエゴ・デ・ブエンなど


posted by アッキー at 17:12| Comment(0) | メキシコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月06日

2017 Apertura ティグレス

メキシコリーグ 2017 Apertura

決勝

第1戦

モンテレイ1−1ティグレス



前半8分、CKからニコラス・サンチェスがヘッドで決めてアウェーのモンテレイが先制。



対するティグレスも前半26分にエネル・ヴァレンシアがPKを決めて同点に追いつく。

試合は1−1の引き分けに終わった。

第2戦

モンテレイ1−2ティグレス



試合はホームのモンテレイが前半2分にドルラン・パボンのゴールで先制するが、ティグレスは前半30分にエドゥアルド・ヴァルガス、34分にフランシスコ・メサと立て続けにゴールを決め逆転。

1−2で勝ったティグレスがトータル2−3で6回目の優勝に輝いた。

監督はリカルド・フェレッティ

選手はナウエル・グスマン、ルイス・ロドリゲス、ジュニーニョ、フランシスコ・メサ、ホルへ・トーレス・二ロ、ラファエウ・カリオカ、ヘスス・ドゥエニャス、ハヴィエル・アキーノ、エドゥアルド・ヴァルガス、エネル・ヴァレンシア、アンドレ・ピエール・ジニャク、ユルゲン・ダム、イスマエル・ソサ、アルベルト・アコスタ、ウーゴ・アヤラなど
posted by アッキー at 14:50| Comment(0) | メキシコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月08日

2017 Clausura チバス・グアダラハラ

メキシコリーグ 2017 Clausura

決勝

第1戦

ティグレス2−2チバス・グアダラハラ



試合は前半23分にCKからアラン・プリードが押し込んでアウェーのチバスが先制。さらに42分にはGKが弾いたボールをロドルフォ・ピサーロが決めて0−2。

ホームのティグレスは後半40分に左サイドからのクロスをアンドレ・ピエール・ジニャクが決めて1点を返すと、後半43分には抜け出したジニャクがGKを巧みにかわして同点ゴール。第1戦は2−2の引き分けに終わった。

第2戦

チバス・グアダラハラ2−1ティグレス



前半17分に縦パスをアラン・プリードがダイレクトで決めてホームのチバスが先制。さらに後半26分にはホセ・ファン・ヴァスケスが追加点を決め2−0。ティグレスも後半43分にイスマエル・ソサが決めて2−1とするが及ばず。

勝ったチバス・グアダラハラが2試合トータル4−3で11年ぶり12度目の優勝に輝きました。

監督はマティアス・アルメイダ

選手はロドルフォ・コタ、エドウィン・エルナンデス、オスワルド・アラニス、カルロス・サルシード、ヘスス・サンチェス、ネストル・カルデロン、オルベリン・ピネダ、ホセ・ファン・ヴァスケス、ミカエル・ペレス、ロドルフォ・ピサーロ、アラン・プリード、ミゲル・ポンセ、カルロス・フィエロ、ギリェルモ・マルティネス、ハイール・ペレイラ、アンヘル・サルディヴァルなど
posted by アッキー at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | メキシコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月15日

2016 Apertura ティグレス

メキシコリーグ 2016 Apertura

決勝

第1戦

クラブ・アメリカ1−1ティグレス



前半44分、カウンターから抜け出したアンドレ・ピエール・ジニャクが決めてティグレスが先制。対するクラブ・アメリカも後半22分にCKからブルーノ・ヴァルデスが同点ゴールを決めて第1戦は引き分けに終わった。

第2戦

ティグレス1−1クラブ・アメリカ
   PK3−0







試合は0−0のまま90分を終了。トータル1−1のまま延長戦へ。延長前半4分、クラブ・アメリカがCKからエドソン・アルヴァレスのヘッドで先制する。試合はそのまま進み、クラブ・アメリカの勝利が近づいた延長後半14分にティグレスは右サイドのクロスからヘスス・ドゥエニャスが劇的なヘディングシュートを決めて同点に追いつく。

決着はPK戦へ。ここで3−0と勝利したティグレスが5回目の優勝に輝いた。

監督はリカルド・フェレッティ

選手はナウエル・グスマン、ジュニーニョ、ウーゴ・アヤラ、ホルへ・トーレス・二ロ、ルーカス・セララヤン、イスマエル・ソサ、ギド・ピサーロ、ハヴィエル・アキーノ、ユルゲン・ダム、ヘスス・ドゥエニャス、アンドレ・ピエール・ジニャク、ホセ・リヴァス、イヴァン・エストラーダ、アンディ・ドゥロール、ダミアン・アルヴァレス、アルベルト・アコスタなど
posted by アッキー at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | メキシコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月05日

2016 Clausura パチューカ

メキシコリーグ 2016 Clausura

決勝

第1戦

パチューカ1−0モンテレイ



後半15分、左サイドからのクロスをフランコ・ハラが頭で合わせてパチューカが先制。このゴールを守りきり、1−0でパチューカが先勝。

第2戦

モンテレイ1−1パチューカ



試合は前半39分にドルラン・パボンのシュートでモンテレイが先制。そのまま試合が動かなかったが、延長戦に入ろうかという後半ロスタイムにパチューカのヴィクトル・グスマンが優勝を決めるゴールを決め同点。

2試合トータル2−1で勝ったパチューカが9年ぶり6度目の優勝を果たした。

監督はディエゴ・アロンソ

選手はオスカル・ペレス、ステファン・メディナ、オマール・ゴンサレス、オスカル・ムリージョ、エマヌエル・ガルシア、ホルへ・エルナンデス、エリック・グティエレス、ジョナタン・ウレタヴィスカヤ、ロドルフォ・ピサーロ、イルヴィン・ロサーノ、フランコ・ハラ、アキヴァルド・モスケラ、ヴィクトル・グスマン、アリエル・ナウエルパン、ホセ・マルティネスなど
posted by アッキー at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | メキシコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。