2007年07月02日

ブラジル全国選手権 2003 クルゼイロ

ブラジル全国選手権 2003年シーズン

プレーオフが廃止に。

第44節

クルゼイロ2−1パイサンドゥー



前半7分にジーニョ(元横浜F)のゴールで先制。後半28分にモタ(現・城南一和)が2点目を決めて勝利。クルゼイロが念願の初優勝を果たした。

クルゼイロはルッシェンブルゴ監督の下、アレックス、クリス、アリスティサバルらがおり、2003年はミナスジェライス州選手権、コパ・ド・ブラジルと合わせ三冠となった。
posted by アッキー at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラジル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブラジル全国選手権 2002 サントス

ブラジル全国選手権 2002年シーズン

決勝

第1戦

サントス2−0コリンチャンス



前半15分、サントスがアルベルト(現甲府)のゴールで先制。後半44分にはレナト(現セビージャ)が追加点を決め2−0で終了。

第2戦

コリンチャンス2−3サントス



前半37分ロビーニョが有名になったぺダラーダで得たPKを決めサントスが先制。しかし、後半30分にデイビッヂ、39分にアンデルソンのゴールで逆転。

ところが後半43分にエラーノが決めサントスが同点とするとロスタイム2分にはレオが3−2となるゴールを決めてサントスが勝利。ブラジル全国選手権は初優勝となった。

エメルソン・レオンのサントスはロビーニョ、ジエゴ、アレックス、レナト、エラーノらの後にセレソンとなる若手中心。

コリンチャンスはカルロス・アルベルト・パレイラ監督の下、GKドニ(現ローマ)、シャイデ(元川崎F)、ファブリッシオ(現磐田)、バンペッタ、ギリェルメなどがいました。


posted by アッキー at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラジル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブラジル全国選手権 2001 アトレチコ・パラナエンセ

ブラジル全国選手権 2001年シーズン

決勝

第1戦

アトレチコ・パラナエンセ4−2サン・カエターノ



前半4分にホームのパラナエンセがイラン(現サンテティエンヌ)のゴールで先制。しかしサン・カエターノがマンシーニ、マルコス・パウロのゴールで逆転。ところがここからパラナエンセのFWアレックス・ミネイロ(元鹿島)がハットトリックを決め4−2でアトレチコ・パラナエンセが勝利した。

第2戦

サン・カエターノ0−1アトレチコ・パラナエンセ



後半22分のアレックス・ミネイロのゴールでパラナエンセが勝利。初優勝を決めた。

パラナエンセではMFクレベルソンが活躍しセレソンへ。ピセルニ監督のサン・カエターノはDFジニーニョ(元広島)、シモン(元平塚)マグロン(元G大阪)、ミューレル(元柏)、アナイウソン(元東京V)などのメンバーで2年連続の準優勝。

posted by アッキー at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラジル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コパ・ジョアン・アベランジェ 2000 バスコ・ダ・ガマ

コパ・ジョアン・アベランジェ 2000年

大会形式の混乱により決勝は2部のサン・カエターノとバスコの対戦に。

決勝

第1戦

サン・カエターノ1−1バスコ・ダ・ガマ

14分にサン・カエターノがセーザル(現リボルノ)のゴールで先制するが、27分にロマーリオのゴールでバスコが追いつき引き分け。

第2戦

バスコ・ダ・ガマ0−0サン・カエターノ*



*ゴール裏のフェンスが倒れ中止

第2戦再試合

バスコ・ダ・ガマ3−1サン・カエターノ



前半30分にジュニーニョ・ペルナンブカーノのゴールでバスコが先制。37分にアダンジーニョのミドルで1−1となるも、その2分後にジョルジーニョ・パウリスタのゴールでバスコが勝ち越し。後半8分にはロマーリオが勝ち越してバスコ・ダ・ガマの優勝を決定付けた。

バスコの監督はジョエル・サンタナ(前仙台監督)。GKはエウトン、オジバン、ジュニオール・バイアーノ、ナーザ、ジョルジーニョ(元鹿島)、ジュニーニョ・パウリスタ、ジュニーニョ・ペルナンブカーノ、ロマーリオ、エウレルなど。控えにトーレス(元名古屋)。

サン・カエターノはアデマール(元横浜M)クラウデシール(元鹿島)、セーザルなど当時は無名の選手達のチームだった。

posted by アッキー at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラジル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブラジル全国選手権 1999 コリンチャンス

ブラジル全国選手権 1999年シーズン

決勝

第1戦

アトレチコ・ミネイロ3−2コリンチャンス

ギリェルメのハットトリックでアトレチコ・ミネイロが先勝。コリンチャンスの得点はバンペッタ、ルイゾン(元名古屋)

第2戦

コリンチャンス2−0アトレチコ・ミネイロ

ルイゾンの2ゴールでコリンチャンスが勝利。

第3戦

コリンチャンス0−0アトレチコ・ミネイロ



動画は3試合まとめて。コリンチャンスの監督は現鹿島アントラーズ監督のオズワルド・オリベイラ。

前年のメンバーが中心だがGKにジダ、控えにマルコス・セナ(現ビジャレアル)エドゥ(現バレンシア)など。

アトレチコ・ミネイロはDFカサッパ、ベレッチ(現バルサ)、マルケス(現横浜M)など。
posted by アッキー at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラジル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする