2018年06月03日

Clausura 17−18 マラトン

ホンジュラスリーグ Clausura 17−18

決勝

第1戦

モタグア1−1マラトン



前半27分にカルロス・ディスクアのゴールでホームのモタグアが先制するが、41分にマラトンもブライアン・マルティネスのミドルシュートで追いつき、1−1の引き分けに終わった。

第2戦

マラトン0−0モタグア
  PK5−4



試合は0−0のまま延長、PK戦へ突入。ここで5−4と勝利したマラトンが9年ぶり9度目の優勝に輝いた。

監督はエクトル・ヴァルガス

選手はデノヴァン・トーレス、ジョニー・レヴェロン、ブライアン・ジョンソン、サムエル・コルドヴァ、ケヴィン・エスピノーサ、ブライアン・マルティネス、ジョン・スアソ、アラン・バネガス、ジャスティン・アルボレダ、ヤウデル・ガルシア、ジュニオール・ラカヨ、ウィルメル・フエンテス、クリスティアン・カリクス、ジョシュア・ヴァルガス、ファン・ホセ・ロドリゲス、ブライアン・ベルナルデスなど



posted by アッキー at 14:36| Comment(0) | ホンジュラス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月11日

Apertura 17−18 レアル・エスパーニャ

ホンジュラスリーグ Apertura 17−18

決勝

第1戦

レアル・エスパーニャ2−0モタグア



前半36分と後半31分のダリクソン・ヴエルトのゴールでレアル・エスパーニャが先勝。

第2戦

モタグア2−1レアル・エスパーニャ





試合は後半16分に右サイドからのクロスをルビリオ・カスティージョがヘッドで決めてモタグアが先制。さらに後半27分にはルビリオ・カスティージョがPKを決めて2−0。モタグアがトータル2−2に追いつく。90分を終えてトータル2−2なので延長戦へ。

延長後半2分、レアル・エスパーニャは左サイドでFKをもらうと、これにアンヘル・テハーダが頭で合わせて決勝点。

2試合トータル2−3で勝利したレアル・エスパーニャが4年ぶり12度目の優勝を果たした。

監督はマルティン・ガルシア

選手はケヴィン・エルナンデス、へツェル・モンテス、セサール・オセゲラ、ウィルフレド・バラオナ、アランス・ヴァルガス、マリオ・マルティネス、ジョー・べナヴィデス、エデル・デルガド、ホルへ・カルロス、ダリクソン・ヴエルト、アンヘル・テハーダ、イヴァン・ロペス、ドミンゴ・サラサール、デヴロン・ガルシア、クラウディオ・カルドーソなど
posted by アッキー at 13:46| Comment(0) | ホンジュラス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月17日

Clausura 16−17 モタグア

ホンジュラスリーグ Clausura 16−17

決勝

第1戦

オンドゥラス・プログレソ1−4モタグア



試合は前半24分にフランクリン・モラレスがFKから押し込んでホームのオンドゥラス・プログレソが先制。しかしモタグアは30分にマルコ・トゥーリオ・ヴェガが相手GKのミスから同点とすると、後半17分にエリック・アンディノ、後半24分にはカルロス・ディスクア、ロスタイムにもマルコ・トゥーリオ・ヴェガが決めて1−4。

モタグアが先勝した。

第2戦

モタグア3−0オンドゥラス・プログレソ



試合は前半18分にCKからエリック・アンディノが決めてモタグアが先制。さらに後半4分にアンディノ、後半29分にカルロス・ディスクアが追加点を決め3−0。

勝ったモタグアがトータル7−1で2連覇。15度目の優勝を果たした。

監督はディエゴ・ヴァスケス

選手はジョナタン・ルジュル、フェリックス・クリサント、ウィルメル・クリサント、ファン・パブロ・モンテス、マルセロ・ペレイラ、オマール・エルヴィル、クリフォックス・ベルナルデス、レイニエリ・マヨルキン、エクトル・カステジャノス、カルロス・ディスクア、マルコ・トゥーリオ・ヴェガ、エリック・アンディノ、ケヴィン・ロペス、ヘンリー・フィゲロア、イルヴィン・レイナなど
posted by アッキー at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ホンジュラス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月15日

Apertura 16−17 モタグア

ホンジュラスリーグ Apertura 16−17

決勝

第1戦

モタグア1−0プラテンセ



前半ロスタイムのサンティアゴ・ヴェルガラのミドルシュートが決勝点となりモタグアが勝利した。

第2戦

プラテンセ1−1モタグア



試合は前半45分にホームのプラテンセがホルへ・カルドナのゴールで先制し、トータル1−1に追いつく。しかしモタグアは後半14分にファン・カルロス・ディスクアがFKを決めて同点としトータル1−2。

試合はそのまま引き分けで終了しトータル2−1でモタグアが2年ぶり14度目の優勝を果たした。

監督はディエゴ・ヴァスケス

選手はハロルド・フォンセカ、ヘンリー・フィゲロア、マルセロ・ペレイラ、マルティン・プチェタ、ウィルメル・クリサント、オマール・エルヴィル、カルロス・ディスクア、エクトル・カステジャノス、サンティアゴ・ヴェルガラ、ルビリオ・カスティージョ、エリック・アンディノ、マルロン・リコナ、フェリックス・クリサント、クリフォックス・ベルナルデス、ファン・パブロ・モンテス、レイニエリ・マヨルキン、マルコ・トゥーリオ・ヴェガ、デイビィ・フローレスなど
posted by アッキー at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ホンジュラス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月05日

Clausura 15−16 オリンピア

ホンジュラスリーグ Clausura 15−16

決勝

第1戦

レアル・ソシエダ1−2オリンピア



試合は前半35分にオリンピアがアレクサンデル・ロペスの見事なミドルシュートで先制すると、後半22分には左サイドからのクロスをカルロ・コストリーがヘッドで決めて0−2。

レアル・ソシエダも後半41分にジェリー・パラシオスのPKで1点を返すが、1−2でオリンピアが勝利した。

第2戦

オリンピア3−1レアル・ソシエダ



後半8分にレアル・ソシエダがマルコ・ヴェガのゴールで先制し、トータル2−2に追いつくが、後半25分にオリンピアがオスカル・サラスのゴールで同点に追いつく。

するとオリンピアは後半29分にオウンゴールで逆転し、さらに後半ロスタイムにカルロ・コストリーがダメ押しのゴールを決めて3−1。

2連勝のオリンピアがトータル5−2で30回目の優勝に輝いた。

監督はエクトル・ヴァルガス

選手はドニス・エスコべル、ケヴィン・アルヴァレス、ファビオ・ジ・ソウザ、エヴェル・アルヴァラード、ホセ・フォンセカ、ダヴィド・メサ、アレクサンデル・ロペス、オリヴェル・モラサン、オスカル・サラス、カルロ・コストリー、ロメル・キオト、ジョニー・パラシオス、アルベルト・エリス、マイロン・フローレス、カルロス・メヒーア、ヘルマン・メヒーア、ミチャエル・チリノスなど
posted by アッキー at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ホンジュラス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。